メニュー

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、加齢と共に骨がスカスカになって骨が弱くなると病気です。背骨がいつの間にか骨折し背中が曲がったり、手首や股関節の骨が骨折を起こしやすくなります。骨粗鬆症の診断には骨密度検査が不可欠です。65歳以上の方は骨密度を測定し、骨密度の低い人は早期に治療を開始することが大切です。

骨密度測定装置骨密度検査は大腿骨(足の付け根)と腰椎(腰の骨)の値を測定します。若い人の平均値(YAM)とくらべ自分の骨密度が何%あるかで表されます。骨密度の低い人はさ らに血液検査の骨代謝マーカーを測ることで、薬の種類を決めていきます。
骨粗鬆症が気になりましたら、お気軽にご相談ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME